BLOG

かなめのカタチ

現在、紀尾井小ホールで
凰稀かなめさん主演の舞台が行われております。




「かなめのカタチ」
器用でチャーミングな凰稀さんのいくつもの顔を
知ってもらうための三つの物語。
脚本で参加させて頂きました。
共演者は壤晴彦さん、馬場良馬くん、松井勇歩くん、茜屋日海夏さん。
演出は星田良子さん。
三本のオムニバスなので一人何役もやります。
相当に大変だと思いますが見応え充分。
本番前に男楽屋にお邪魔した時にチラリと見えた化粧鏡前に置いてあったボロボロの台本。
それはこの日までの格闘を物語っているようでした。
陽気な松井くんしか知らなかったのに、緊張してる。
明るい馬場くんは異様にテンションがあがっていた。
ベテランの壤さんは泣きの一言。
「台詞量が大変です」



みなさんが戦ってくれた台本。
シリアス、喜劇、笑い、ホロリ涙ありの舞台。


オープニングと劇中の場転とエンディングに向けて
舞台上ではMOMOCOさんによるローラーアートが
描かれていくのですが、これが凄いです。
芸術家のアトリエを盗み見てしまった、そんな気持ち。


凰稀かなめさんの魅力が詰まった舞台。
17日までです。
 

お名前(ニックネーム/ペンネーム可)(必須)

コメント・投稿画像

※jpg/jpeg/gif/pngで5MB以下のデータがUP可能です。