BLOG

四人四色、ちょいちょい凝っております

この物語は四人ひと組です。


2st3stが終わり、改めて思います。
心が温かくなる人たちが集まってくれたのだと。



前川泰之さんは語り部兼お父さん兼松原さん兼軍事教官兼警官兼アナウンサー兼etc…。
Shizukaさんの少年・大和。瀬戸祐介くんのキジトラ・小太郎。佐倉綾音さんの芝犬・麦。



ソワレはー。
佐伯大地くんの語り部兼お父さん兼松原さん兼軍事教官兼警官兼アナウンサー兼etc…。
梅津瑞樹くんの大和。加藤良輔くんの小太郎。正木郁くんの麦。
みなさんの言葉が、優しさが客席に届き、熱い熱い拍手に変わった時、
あゝ今年も「青空」を演れたことの幸せを感じております。




余談ですが、
8/10夜は神宮の花火大会があり、方南ぐみとしては恒例の花火鑑賞会の日です。
会議にもなりました。花火大会を見なくても良いのか! 青空をやるべきだ。令和初の神宮の花火だぞ。
その日のソワレは休演日にあてましょ〜。いーや青空をやるのです。
そんなこんながありの今夜の「青空」。
若手の四人が本番直前の最後の最後まで稽古をしていた姿は忘れられません。
最高でした。花火以上の感動をありがとうー。




そしてそして8/11マチネはー。
最年少出演者の鈴木福くんが登場します。もちろんの大和少年です。
語り部には一癖も二癖もある竹中直人さん。
ワンちゃん大好きな大塚寧々さんは麦です。
稽古場からド緊張の松田凌くんは小太郎。




余談二号です。
竹中さんはギアーが入ると稽古では見られなかった芝居を本番中に繰り出すこともあります。
演出が驚くのですから板上の役者さんたちの動揺はさぞかしです。
福くん、どーなる、どーする!
そんなこんなの楽しみもありつつのマチネです。




ソワレ。
紫吹 淳さん、神保悟志さん、高橋ひとみさんのベテランチームに放り込まれたのは大和役の多和田任益くん。
ワンちャンLOVEの高橋ひとみさんは昨年に引き続きの麦。
ちょっぴりヤサグレて、寂し狩り屋の小太郎は神保悟志さん。
ン? 神保さんが小太郎?
と、いうことは誰が…?
語り部兼お父さん兼松原さん兼軍事教官兼警官兼アナウンサー兼etc…は紫吹 淳さん。
はい、そーなのです。紫吹さんは完全なる男役です。




余談三号です。
以前、紫吹さんとのお仕事の「グッパイ・チャーリー」は僕の大好きな作品。
もう一度、男の紫吹 淳さんが観たくて観たくて、それで、ハイ。
稽古場で紫吹さんの語り部兼お父さん兼松原さん兼軍事教官兼警官兼アナウンサー兼etc…に
女性スタッフたちは完全にノックアウトされていました。
こちらも必見となっております。




今年の「青空」は贅沢すぎるほど、チョイチョイと凝っております。
夏の想い出に是非、遊びにきてください。




最後の余談。
ソワレ終演後に加藤良輔と写真を撮った。
今、送ろうと思ったら連絡先を知らなかった…。
 





 

お名前(ニックネーム/ペンネーム可)(必須)

コメント・投稿画像

※jpg/jpeg/gif/pngで5MB以下のデータがUP可能です。

  • 11日ソワレ、ぶっちゃけ作品ではなくたわちゃん目当てで観に来ました。10日の夕方に突然11日の予定がなくなり、運良く交通手段を確保でき、チケットもギリギリとれた、よっしゃ久しぶりにたわちゃんを拝んで日帰りで帰る・・・はずが、観終わって気がついたら12日のチケットを買っていました。

    切ないくらい真っ直ぐな大和が、同じくらい真っ直ぐな我が子と重なり、さらに麦の忠誠心や勇気、小太郎の不器用だけど深い優しさに、 胸が締め付けられる場面がいくつもありました。お父さんの真実、大和をいろんな意味で救った松原さんの存在、ラストの展開、いい意味で何度も予想を裏切られ、その度に一喜一憂しとりました。
    終わった時にアンコールがやまなくて役者さんたちがなかなか出て来られなかったとき、なぜか麦の気持ちになり遠吠えをしそうになりました。すんでのところで我慢しました。明日は我慢できるかな(汗)

    うーふまん

  • 本日、マチネ観劇です。
    福くん目当てだったのですが、気が付けば最高にピッタリのキャストのようなので楽しみです。

    あしどん