BLOG

jam 刺激をもらう

「伊賀の花嫁 その三」キャストには初めましての人が十人います。
執筆する上で彼ら彼女らの個性を知りたくて会ってもらったり、
不思議とそのまま酒になってしまう人もいたり(笑)
気づけば終電を逃したときもあったりで「いつ書いてんだよ」って感じです。


「ホン屋は刺激が大切なんですぜぇ」書けない作家の言い訳のひとつですが、
映画「jam」の試写を見たときの話です。
劇団EXILEの面々が活き活きとしてて、みんな上手になってて、嬉しかったなー。
気持ちがポカポカとあたたかくなった。
嗚呼、こういうのを冥利というのか…と思った。
舞台で揃うことはなくなった彼等がスクリーンの中で共演している。嬉しかった。

この刺激は財産です。
この刺激を受けて、
初めましての人たちを含めて「伊賀」キャスト全員が
キラキラしてる舞台を創っちゃいますのでお楽しみに!

 

お名前(ニックネーム/ペンネーム可)(必須)

コメント・投稿画像

※jpg/jpeg/gif/pngで5MB以下のデータがUP可能です。

  • 劇団の朗読劇は観に行きました。また、お芝居をしている劇団EXILE公演を楽しみにしております。どうか、あらためアタックNo.1とかまたは、新作の観劇したいと…期待してます。

    真っ白うさぎ