BLOG

復活

ウィルスに侵され傷ついたPCが入院先の修理工場から戻ってきた。
ウィルスは全くの他人事で自分には縁がないものと思っていたので、蹂躙されたときの気持ち悪さはなんともいえないものだった。
仕事場と自宅のPC四台が手元にない生活は全くもって慣れないし落ち着かないし社会から必要とされない何もできない大人になった。

 

その間に「伊賀の花嫁 その三」のノロシがあがりました。
面白すぎる人たちとの平成最後の二月に三越劇場で暴れる予定ですので参戦してください。

 

昨日はさくらももこさんのお別れ会に参列してきました。
 

湿っぽくしたくないのでカジュアルな服装での参加を事前に呼びかけられていた。
「樫田さん、お別れの会だけど、ありがとうの会です。普段の格好でお願いします、
間違っても礼服はナシですよ」。
前日に電話でも念を押されての参加。デニム姿の僕は完全に浮いた。
みんなキチンと正装していた。そりゃあそうだよ、大人なんだから…。

 

会場正面に飾られた「ちびまる子ちゃん」たちのキャラクターを見つめながら
忘れられない作品に参加させていただき心からありがとうございます、
心の中で何度目かの「ありがとう」を言ってるときのことだった…。
二列前の人のことが妙に気になりはじめた。

 

その人の耳には大きな補聴器、お隣の人が何度も補聴器の位置をズラしていて、その姿が気になって気になって大変だな〜と眺めていると、司会者の笠井アナの呼びかけに最前列に座っていたその人が立ち上がった。「え…」となった。く、く、桑田佳祐? もとい桑田佳祐さん? あれは補聴器ではない、あれはエアーモニだ。隣の人は介護人ではなくステージングスタッフだ。 え? つまりは、う、歌のか? 結婚式の披露宴ではない、お別れの会だぞ。ここはそこまでの集いなのか。

 

ご挨拶を述べられた人たちの言葉ひとつひとつが愛に満ち溢れていた。
飾らない言葉ということはああいうことなのだ、と思った。
「お別れ会」というものがこんなにも素敵な集いなのか、と教えられた。
桑田さんの歌で会場がひとつになった。

 

その空間は11年前のドラマスタッフたちとの同窓会にもなった。
小学生だった女優ちゃんが大人になっていた。

 

素敵な一日だった。
素敵な人生を生きたさくらももこさんが繋いでくれた一日でした。
エネルギーを頂いた一日。

 

その翌日、本日、入院していたPCが戻ってきた。
自分が出来ること。書くことをやろう。
手初めに久しぶりのブログ更新です。
本日。長々とお付き合い、ありがとうーございます。


 

 

 

 

お名前(ニックネーム/ペンネーム可)(必須)

コメント・投稿画像

※jpg/jpeg/gif/pngで5MB以下のデータがUP可能です。